Study in 
Paradise

留学SQUAREは、 バリ島で唯一の100%英語のネイティブ先生が教育するSBI語学院の韓国、日本代表事務所です。


Contact

ホーチミン AISオーストラリア・インターナショナルスクールの学費、授業、アクティビティ情報

관리자
2021/07/21
ヒット 189

ホーチミンのAISオーストラリア・インターナショナルスクールの
学費などの詳しい情報を調べてみましょう!


前回に続き、今回もホーチミンにあるAISオーストラリア・インターナショナルスクールの学費、授業、アクティビティなどの情報を案内します。

ベトナムのインターナショナルスクールの入学準備をしている学生は英語力が足りない場合が多く、ESL・EAL英語補講プログラムが運されてるか心配される方が多いのですが、AISでは12~13年生を除いて幅広く1~11年生まで継続して提供しています。

学校によっては8年生までのみ提供しているところも多く、9年生以上はネイティブレベルの英語を求められるのに対して、AISは11年生まで提供しているので安心ですが、それでもある程度の英語レベルに達していなければ入学が難しいです。

インターナショナルスクールのメリットは、海外名門大学の入学審査に必須であるリーダーシップ・ボランティア・芸術・スポーツ活動が含まれているという点であり、学校で提供している授業を忠実に取り組めば別途に習い事をしなくても問題ありません。


日本のインターナショナルスクールや私立学校に通う学生は、こういった活動で良い成果を得るためにさらに他の習い事をするのですが、ベトナムではそのような必要はありません。
そのため、経済的にも時間的にも余裕のある生活を送れます^^

ホーチミンのAISオーストラリア・インターナショナルスクールのキャンパスは2区に全3箇所を運営しており、すべてのキャンパスで幼稚部が運営されています。
トゥーティエムキャンパスには中高等部があり、規模が最も大きいので、年齢差がある兄弟姉妹が入学するのであれば一緒に通うことができるトゥーティーエムがいいと思います。

最大1,500人の生徒を同時に収容できる規模で、ご覧のとおりかなり高いレベルの施設や環境が整えられています。
ホーチミン2区にはISHCMH、BISとAISもあるので、学校の選択肢は幅広いですが、どこもTop学校なので入学が簡単ではありません。

ビンホームズセントラルアパート団地に住んでいる日本人も多いので、オーストラリア・インターナショナルスクールが提供しているスクールバスを利用すれば通学に困難はありません。
私はホーチミンで長く暮らしたわけではないのですが。。2区地域で適度にインフラも良く、1区の中心も近く、雰囲気も安全で良かったです。

AISの学校では多彩多能な人材の養成のために多くの活動を行っています。

大学入試が近い年齢や学年になると、オーストラリア・インターナショナルスクールを卒業後に日本や海外のどこの大学に入学するのを目標にするかによって、少し準備するプロセスが変わってきますが、どこを目標にするとしても、基本は教科成績と学校活動で良い評価を得ることが大事です。

この資料は2018年度基準なので以降の卒業生についての結果がないのですが、過去の卒業生が奨学生として海外名門大学に入学した事例がたくさんあります。
香港大学は入学が難しいことで有名なのですが、全額奨学金を受けた学生がいます。

ホーチミンのAISは大学入試準備課程としてIB(国際バカロレア)を運営しているため、準備が始まる10年生から急激に勉強が難しくなるという特徴があります。
多様な科目の勉強・課題・論文などをしなければならないので大変ですが、この過程をしっかりと乗り越えられば多くの大学が求める人材になれます。

突然ベトナムのインターナショナルスクールに入学することになる場合が多いのですが、ポジティブに捉えて、学費の負担が大きくて普段は通わせることが難しいインターナショナルスクールでの教育を子どもに受けさせて、多様な経験・人・考えに出会わせるチャンスを作ってあげられるの点が良いと思います。

ベトナムはこれからも成長していく国なので、同じ学校のベトナムや他の国の友達とのネットワークが作ることは子どもの将来に大きな影響を与え、ベトナムで経験し、得ることができることを最大限やることで効率的な留学になると思います。

ホーチミンのAISオーストラリア・インターナショナルスクールの学費情報をしっかりと確認してください。
2人までは学費の免除はなく、入学金の一部を免除があります。

1年分の学費を1度に支払えば、3回に分割して納付するよりも約5%くらい割安です。
AISの学費は上位インターナショナルスクールと比べても平均くらいではないかと思います。